自分のお口に興味を持つことが大事です
予防歯科 P.M.T.C. フッ素塗布 シーラント 予防プログラム
虫歯予防チェック キシリトール 3DS Q&A
Index
Top
予防歯科
【キシリトールについて】
キシリトールはコマーシャルなどによって、名前はよく知られてきましたが、その安全性・性質・さらにはなぜ虫歯予防に効果的なのかといった大切なことが、あまり知られていないと思われます。実際に歯科医師ですら誤った理解をしている場合もあるのです。 フィンランドでは、50%以上キシリトール含有のものが、う蝕予防に効果があるとされています。

キシリトールは天然素材の甘味料で、シラカバやカシを原料におもにフィンランドで生産されています。私たちの身近なところでは、イチゴやラズベリー等の果物やレタスやホウレンソウ、カリフラワー等の野菜などに含まれています。また体内でも肝臓で1日に5〜15g 生産されています。その安全性はWHO(世界保健機構)でも認められており、とても安全な甘味料だといえます。
砂糖と較べて、カロリーは25%も低く糖度はかわりません。溶ける時に熱を吸収するので、独特の清涼感があります。
ヨーロッパの各国の歯科医師会でも推奨されています。
では虫歯予防の効果についてみてみましょう。
砂糖の場合、糖をミュータンス菌が分解し発酵させて酸をつくりだします。その酸によって歯のエナメル質が溶かされて虫歯ができてしまいます。
 一方キシリトールの場合は、ミュータンス菌によって発酵せず、虫歯のもととなる酸が発生しません。しかもミュータンス菌は菌体内にキシリトールを取り込むことで、エネルギーを消耗して活性が弱まります。さらにキシリトールを長期にわたって使用することで、ミュータンス菌の繁殖が弱まって砂糖からも酸を生産できなくなるのです。
毎日私たちの口の中では、食事やおやつなどにより発生した酸を唾液の働きによって中和し、溶けたエナメル質を再石灰化するということが行われています。
しかし酸の発生する量と回数が増えると、再石灰化が追いつかずに虫歯になってしまうのです。
(唾液の働きは人によってさまざまで、分泌がよい人や酸を中和する能力の高い人もいれば、そうでない人もいます)
しかし、キシリトールは唾液の分泌を刺激し、中和を促進させます。
そして唾液中のカルシウムがエナメル質と結び付く再石灰化を活発にします。
エナメル質表層う蝕により失われたカルシウムが再び戻る現象

緩衝能

唾液中に十分なカルシウムをリン酸塩が存在し、さらに唾液のPH値が十分に高い(中性領域にある)ことが再石灰化の科学的条件です。
フィンランドでは、食事の後と寝る前に必ずキシリトール入りガムをかみます。
また小・中学校では食事の時にキシリトール入りガムを配り、小さい時からの習慣づけを行っています。
・食事やおやつの後には、必ずかむ!
・寝る前に必ずかむ!
・長期間続けてかむ!
これがキシリトールの効果を引き出すポイントです。逆に言えば、こんな簡単なことで効果が得られるのです。
―従来の3本柱―
正しい食習慣
適切な口腔内清掃
フッ素の使用
+
正しいキシリトール入りガムのかみ方
現在、エストニアでキシリトール入りタブレットとガムとのう蝕予防効果の対比を調査中です。2年間をみると両者に差はなく、おそらくタブレットでも十分なう蝕予防効果が得られるのではないかとみられています。
この最小の努力で誰もが簡単に最大の効果を得る事が出来るのはとても素晴らしいことだとお思いになりませんか。
さっそく実践して、ご自分の健康を大切になさってください!

Copyright Communication. by KENYA-ABE 2002.07. All rights reserved