虫歯を作らない為に
小児歯科 P.M.T.C. フッ素塗布 シーラント
予防プログラム 検診までの注意 キシリトール
Index
Top
矯正歯科
審美歯科
予防歯科
小児歯科
レーザー治療
無痛治療
歯肉炎について
歯周病について
定期検診について
実費治療について
アクセス
医院紹介
スタッフ紹介
リンク
QRコード
【小児歯科】
◎はじめに
子どものむし歯は最近ではずいぶんとその程度は軽くなってきていますが、依然として罹患率は高い状態にあるといえます。
むし歯原因菌の一つであるミュータンス菌(SM菌)は赤ちゃんの前歯の生えはじめ後の離乳期に多くの場合母親から伝播して定着し、3才以降では保菌者率は急上昇するといわれています。

SM菌は砂糖の摂取量が一定量以上になると歯の表面にネバネバした膜(歯垢の一部)を作ります。その膜の中でむし歯菌の産生する酸によって歯の溶解(むし歯)が発生してくるのです。

お口の中にむし歯菌がもしゼロであれば、理論的にはむし歯は発生しません。しかしゼロにすることはとても困難で、残念ながら現実的ではありません。
そこで、いかにしてむし歯菌の感染を遅らせるか、またはむし歯菌を少なくするかを実践することが、むし歯予防につながるわけです。昔からむし歯予防といえば「砂糖の制限・歯みがき」が定番でした。これはけっして間違いではありませんが、むしろ「むし歯菌をいかにして減らすか」を考えた方がよりお母さんにとって分かりやすいのではないでしょうか。

◎虫歯について
むし歯はうつる
最近の研究によるとほぼむし歯菌(う蝕原生菌)による感染症と言えるでしよう。
ただしそのメカニズムは複雑で、一概にむし歯菌だけが悪いわけではなく、歯および唾液などの宿主因子、食べ物とくにそれに含まれる糖質、さらに時間が深く関係してむし歯が出来ます。むし歯菌の中で最も病原性が強いのはミュータンスレンサ球菌です。このミュータンス菌は赤ちゃんの最初の乳歯が生えた後に外部から伝播され、かなりの頻度で早期に定着すると言われています。
口移しは危険
家庭内でのミュータンス菌の伝播の可能性が指摘されています。
したがってむし歯菌の多いお口のご両親、祖父母から乳歯萠出後の赤ちゃんへの口移しは出来るだけ避けた方がよいと思われます。
ただし、1で述べたようにむし歯菌だけがむし歯発生の原因ではないので、ミュータンス菌の伝播=むし歯ではありません。むし歯の発生には家族的傾向がみられます。つまり、むし歯菌の量、質などに加えて、食生活、嗜好、お口への関心度、お口の清掃状態などはご両親を見てお子さんは育つものです。

◎おっぱいとむし歯と断乳
おっぱいむし歯
1才半ころから2才半頃に主に上の前歯にできるむし歯です。
(夜間)寝かしつけながらの授乳、だらだらと不規則な授乳などおっぱいが原因で発症します。寝ているときは唾液の分泌が減少するため、歯がおっぱい浸けになるために出来やすいのです。
歯の健康から考えると、1才過ぎにはおっぱいを終わらせたいですね。
哺乳ビンむし歯
おっぱいむし歯とほぼ同じ時期・同じ部位にできます。
寝かしつけのため哺乳ビンの中にミルク、乳酸菌飲料、スポーツドリンクなどを入れて飲ませることで発症します。寝ているときは、唾液の分泌が減少するため出来やすいのです。歯の健康から考えると、1才過ぎには哺乳ビンも終わらせたいですね。
おっぱい・哺乳ビンむし歯ができた
はやめに小児歯科を受診して原因となるおっぱいや、哺乳ビンを止めることのアドバイスや必要な処置を受けましょう。
なんらかの理由ですぐに止めれない時は、おっぱいの場合は少しづつ授乳時間を短くしてみましょう。哺乳ビンの場合は中身を水、お茶に変えてみてください。それもダメなときは中身を徐々に薄めることをお勧めします。一番いいのはすぐに止めることなのです。これはとても難しいのですが、毅然としたお母さんの決心とお父さんの協力で計画を立てて取り組みましょう。週末にかけてや、お父さんの休暇を利用しての3日間でチャレンジしてみてください。だいたい3日間ぐらいでとれるはずですよ。
断乳はいつ
お誕生日を過ぎるころには、前歯が上下4本づつほど生えているはずです。(時々まだ生えていないこともあります)赤ちゃんはこの前歯を巧みに使って色々なものを食べたり、確認したりします。離乳食も上手に食べている頃ですね。授乳以外の母子関係も芽生えはじめる頃ですので、小児歯科的にはお誕生日過ぎが断乳の開始時期と考えます。また、この時期から発生するむし歯のほとんどは先に述べた「おっぱいむし歯」・「哺乳ビンむし歯」だからです。

◎ 初めての歯磨きとジュース
赤ちゃん(6ヶ月〜1才半頃)のむし歯予防
生後6〜7ヶ月で下の前歯が生え始めます。
この時期は歯を磨く事よりも、お口を開けたり歯ブラシの感触に慣れることを目標に、遊び感覚でお母さん磨きを始めましょう。本人にも乳児用の安全タイプの歯ブラシを持たせるとよいでしょう。習慣ずけのために、食事のときにはお箸の横に歯ブラシを置き、食後はお母さんと一緒に歯みがきタイムにしましょう。寝かせつけ授乳・哺乳ビンは避け、お誕生過ぎには断乳できるように心がけましょう。
1才半〜2才児のむし歯予防
第一にお口を清潔にすることです。
一日最低2回のお母さん磨きを心がけましょう。特に夕食後(寝る前)は念入りに。むし歯は寝ている間につくられます!!

第二は飲み物に注意です。
乳酸菌飲料、炭酸飲料、スポーツドリンク、ジュース、コーヒー牛乳などは極力避け水分補給はお水、お茶にすることです。この時期のむし歯発生の原因の大部分は、飲み物むし歯といってもいいでしょう。2才時のむし歯の好発部位は、上の前歯の歯と歯の間と乳臼歯のかみ合わせの溝の部分です。これを防ぐのには、前歯の間のデンタルフロスによる清掃、乳臼歯のシーラントによる溝埋めの処置が有効です。

第三はそろそろ、フッ素塗布です。
フッ素にもいろいろな種類、応用法がありますので、小児歯科で相談してみましょう。

◎初めての歯医者さん
3才児のむし歯予防
基本的には1才半〜2才児と同様です。
3才児では、2回のお母さん磨きに加え、本人磨きの練習も大事ですね。行動範囲も広がり、食事やおやつの種類も増えてきますので規則正しい生活習慣が何より大切です。
食生活の多様化によってむし歯の好発生部位にも変化が出てきます。2才〜3才前半までは、乳臼歯の溝ですが後半では乳臼歯の歯と歯の間に出来やすくなります。乳臼歯のシーラントによる溝埋めの処置に加えて、一日一回のくっついている歯全体の間のデンタルフロス使用が必要になります。勿論、定期的なフッ素塗布が大切です。つまり、3才児は小児歯科で定期的なお口の管理を開始する絶好の時期といえるのです。

◎歯と歯の間のむし歯
4才児のむし歯予防
4才を過ぎると乳臼歯の歯と歯の間のむし歯発生率は、実に50%以上になります。
小児歯科での定期検診でむし歯菌検査、レントゲン検査 (年1〜2回)、歯みがき・デンタルフロス・間食指導、フッ素塗布などを繰り返すことがお子さんのお口への関心の向上にもつながります。

◎ま と め
むし歯を減らす=むし歯予防作戦
お母さん自身のお口を健康に
赤ちゃんへのむし歯菌感染を極力避けるためには、お母さん自身のお口の健康にも気をつかってください。
未処置歯の治療・歯みがき・フロッシング・規則正しい食生活に努めましょう。(勿論お父さんやご家族もですね)
お母さんのお口のむし歯菌状態を歯科医院でテストしてみてはいかがですか?また、口移しで食べ物をあたえるのも避けたいものですね。
歯みがきの習慣化と仕上げみがき
むし歯菌の住家である歯垢(デンタルプラーク)を除去しましょう。赤ちゃんの歯みがきの習慣化のためには、食卓のお箸の横に常に歯ブラシをおき、食後に持たせましょう。そして一日2回の仕上げみがきを心がけましょう
(こどもが歯みがき自立できるのはかなり先のことです)
出来れば6才臼歯が完全に萠出するまで・・ママがんばりましょうね♪
ジュース・乳酸菌飲料・スポーツ飲料・炭酸飲料の制限
むし歯菌の栄養素であるお砂糖を制限しましょう。
中でもジュース・ 乳酸菌飲料・スポーツ飲料・炭酸飲料には多量の糖分が含まれております。これらの 飲料はできるだけ毎日飲まない・また飲む回数を少なくしましょう。
水分補給はお水・お茶に限るといいですね。
かかりつけの歯科医院で定期的なフッ素塗布
かかりつけの歯科医院を決めて、定期的にお口の管理やフッ素塗布をしてもらいましょう。定期的にフッ素を塗ることによって、歯の表面構造を強くしたり、むし歯菌の発育阻止効果が期待出来るのです。

Copyright Communication. by KENYA-ABE 2002.07. All rights reserved