歯周病について
歯周病について 歯周病予防チェック
Index
Top
矯正歯科
審美歯科
予防歯科
小児歯科
レーザー治療
無痛治療
歯肉炎について
歯周病について
定期検診について
実費治療について
アクセス
医院紹介
スタッフ紹介
リンク
QRコード
◎歯周疾患
健全歯肉 歯肉炎
歯を支えている歯周組織(歯肉や歯槽骨、歯根膜やセメント質)が、歯の汚れに棲む細菌や細菌の出す毒素に対する免疫反応から炎症を起こし、病気が進むと破骨細胞によって歯槽骨を壊してしまう病気です。
◎歯周病をおこす原因=プラーク(歯垢)
一番の原因は、何といっても歯の表面に付いた白いネバネバ、プラークです。プラークにはいろいろな種類の細菌が繁殖しています。
歯周炎軽度 歯周炎重度
◎こんな事も歯周病を進める原因
プラークや歯石の他に口を乾燥させる口呼吸、歯周組織に負担をかける歯軋り、磨き残しの出やすい歯列不正、甘味や粘性の強い食べ物、煙草、免疫機構に影響を及ぼす糖尿病、ストレス、生活習慣、加齢や骨粗鬆症、薬物等色々な原因が考えられます。

口呼吸
口の中を乾燥させる口呼吸は、歯周組織の抵抗性を弱め、歯周病の原因となります。

歯軋りやくいしばり
歯に無理な力が持続的にかかると歯周病を進めます。
タバコを吸うと末梢血管が収縮して血行が悪くなり、歯周組織の活性を弱め歯周病の治癒を妨げます。

全身との関係
細菌性心内膜炎の病巣から多くの口腔常在菌や歯周病の原因菌が検出されます。
歯周病関連細菌が誤嚥され、気道等に入り込むと身体の免疫反応が引き起こされ、反応性生物として炎症調節物質(サイトカインやプロスタグランジン)が産生され、それが肺炎の引金となります。その他に感染症心疾患、冠動脈疾患、敗血症、糖尿病、胃潰瘍といった疾患との関連性が指摘されています。
◎歯周疾患検診
歯と歯肉の間からプローブを入れて探っているところ
歯周疾患を予防し、いつまでも自分の歯を十分残していくためには、早い時期から定期的に検診を受け、現状に合わせた適切な指導を受ける事が必要です。歯周疾患検診では主に歯と歯肉の境目のすきまをプローブという器具を用いて、深さや歯石の有無、出血反応の有無を調べます。
ポケット2mm以内を目指してオーラルケアを!
歯と歯肉の間の溝は健康な状態であれば2mm以内。これ以上深くなると「歯周ポケット」と呼ばれ歯周疾患の状態です。ポケットが形成されるとそこは歯周病菌の棲み家。原因菌の繁殖を助け、歯周病は進行しやすくなります。
◎プラークコントロール
磨いたつもりでもけっこう汚い
「毎日歯を磨いている」といっていた人です。 染めだすと、プラークがかなりついています。

正しいブラッシングの方法
一般的に清掃効果が高いといわれる磨き方には、毛先を歯面にまっすぐ当て細かく振動させるスクラビング法と、毛先を歯面45°に傾け、歯肉付近を磨くバス法があります。
又、デンタルフロスや歯間ブラシ等の補助清掃具も効果的です。
只、口の中の構造が複雑なうえ、歯並びによっても通常の磨き方が適さない場所があるので、歯科医や歯科衛生士に相談しながら行うと良いでしょう。
補助的清掃具
歯間ブラシ デンタルフロス
◎治療
治療は患者さんと歯科医、歯科衛生士のチームプレーで行います。その原則はプラークの機械的除去と局所環境の改善です。
家庭で行う歯ブラシや歯間ブラシなどによる毎日のブラッシングと、歯科医院で行う機械的歯面清掃やスケーリング(歯石除去)、歯と歯肉の境目すきまに存在する病的な組織の除去が治療の原則です
◎スケーリングとは?
歯の表面に付いた歯石を取る事をスケーリングと言います。歯の表面の歯石を取り除き、歯の表面を滑沢にして、歯にプラークがつかないようにします。

スケーリング
歯石のついた歯の裏側 歯石を取り除ききれいになった状態

Copyright Communication. by KENYA-ABE 2002.07. All rights reserved