歯肉炎
Index
Top
矯正歯科
審美歯科
予防歯科
小児歯科
レーザー治療
無痛治療
歯肉炎について
歯周病について
定期検診について
実費治療について
アクセス
医院紹介
スタッフ紹介
リンク
QRコード
歯肉炎ってなんだろう?
健康な歯は強い骨(歯槽骨)によって支えられています。
6才臼歯(第一大臼歯)は、60kgくらいの力で、かむことができます。
歯肉炎になると
歯ぐきが赤くはれたり、すぐ出血しやすくなります。
口の中が、いつもネバネバする感じがして、口臭も強くなります。
歯肉炎はどうしてなるのだろう?
歯や歯ぐきに付く「プラーク(歯垢)」というものが原因です。
「プラーク」は細菌の塊で、いろいろな細菌がすみついています。
歯みがきをさぼると「プラーク」が増え、細菌の作り出す毒素によって歯ぐきに炎症がおき、歯肉炎になります。
つまようじの先で表面をこすると、白いノリ状のものがくっついてきます。それが「プラーク」です。
「プラーク」の中の細菌の毒素が、歯肉を破壊する!!
歯科検診でいわれる歯肉炎のGOとGは、どのような違いですか?
健康的な歯
健康は歯肉はピンク色で引きしまって見えます。
歯ブラシをしても、血が出ません。
GOは
歯みがきの方法をきちんと改善することにより、自分で治療できる軽度の歯肉炎です。
Gになると
歯石も付きはじめ、歯科医院できちんと治療してもらわないと治らない歯肉炎です。
歯肉炎を放っておいたまま大人になると、どうなるのだろう?
さあ、家族の口の中をチェックしてみよう!
細菌の出す毒素によって歯をささえている骨が溶けはじめ、歯がグラグラになりはじめます。
治さずに、お父さんやお母さんの年齢くらいまで放置すると、
やがて自然にぬけ落ちてしまいます。
※口は、胃などの消化器官への入り口。
いくら食べ物の衛生に気づかっても、口の中がきたないと、バイキンだらけ。口の中は、血管で全身へもつながっていて、体の健康にいろんな影響を与えます。
どうしたら予防できるのだろう?
「プラーク」の付着を防ぐことです。

「プラーク」は、正しい歯みがきによって簡単に落とすことができます。
また、甘い食品(砂糖など)は「プラーク」を増えやすくするので、食べ過ぎないことが大切です。
歯磨きのポイント
1.毛先を使う 2.歯面に直角に当てる
3.強い力でみがくと
  毛先が逃げてしまう
4.歯面の傾きに合わせて、
  3つに分けてみるとよい

Copyright Communication. by KENYA-ABE 2002.07. All rights reserved