きれいな歯並びでスーパースマイル

矯正歯科

症例/叢生

症例/上顎前突

症例/反対咬合

症例/開咬

マウスピース矯正

歯列育形成

治療の流れ

矯正治療費

Q&A

Index
Top
矯正歯科
【矯正歯科の診察・治療の標準的な流れ】
歯並びとかみ合わせをよくして審美性・機能性を高めてくれる矯正治療。
継続的な努力と根気が必要ともいうけれど、実際の治療はどの様に進むのでしょうか?
@初診
矯正治療を行う歯科に電話等で初診の予約を入れる
治療方法は、医師の技術に負うところが大きいだけに、受診先選びは重要。
A初診・相談
医師による診察。患者側は気になることや疑問点を質問
診察にもとづいて大まかな治療の方向性が示されます。
疑問や不安など気になる点は些細なことでも積極的に質問することが大切。
矯正相談受付中/子供から大人まで(無料・要予約)
当院で治療を行っている患者さんはもちろん、初めての患者さんでも、お気軽にご相談ください。
(矯正相談に関しては、概要、流れ、使用する装置、費用をビデオを用いながらご説明いたします。)
B精密検査
診断と治療に不可欠な個別の診断情報を得る
確定診断と治療計画(期間・使用する装置・費用等)決定のための詳しい検査をします。
歯や顔・あごなどの写真およびX線写真を撮る、歯型を取る、歯や歯肉の状態を調べるなどして、さまざまな資料を収集します。
C治療計画の詳細・説明
コンピューター診断などの検査結果にもとづき、具体的な治療の進め方・費用などが示される
精密検査の結果をもとに、具体的な治療方法、期間とその支払方法などが説明されます。ここでも疑問点があれば遠慮なく質問を。
(むし歯・歯周病などがあればあらかじめ治療)
事前の診断の結果、むし歯や歯周病などが見つかった場合は、そちらの治療を優先して行うこともあります。
D矯正治療開始
矯正装置を装着し、定期的に通院して処置。観察を行う

A) 予防矯正(乳歯列、混合歯列矯正)
        顎の成長をコントロールしたり、前歯を整えたりする治療を行         います。
        状況に応じて、永久歯列になるまで定期観察を行います。
        月1回から3箇月に1回程度の御来院が必要になります。
B) 最終矯正(永久歯列矯正)
        マルチブラケット装置で個々の歯の噛み合せを調整します。
        つきに1〜2回程度の治療で期間は約2年間です。
一般的な矯正治療 目立たないセラミック製
E保定開始
矯正された歯並びを維持するための保定装置を装着
矯正装置を外した後は、新たに保定装置を装着し、きれいになった歯並びを維持・安定させるための「保定」を行います。
リテーナーを装着する保定期間はたいてい1〜2年ぐらいで、
3ヶ月に1回程度のご来院が必要になります。
F治療完了
保定期間をへて歯並びが安定したら治療終了

歯が望ましい位置で安定したら、矯正治療は完了です。
ただし油断は禁物。
再び歯並びが悪くならないように、生活上の注意を怠りなく。

Copyright Communication. by KENYA-ABE 2002.07. All rights reserved