虫歯を作らない為に
小児歯科 P.M.T.C. フッ素塗布 シーラント
予防プログラム 検診までの注意 キシリトール
Index
Top
小児歯科
【検診までの注意点】
新しい虫歯ができていないか、どうか?
鏡で見て下さい
冠(かん)や、つめたもの、溝(みぞ)うめがとれたりかけていないか?
すぐ再治療の必要があります
歯ぐきがはれてウミが出てないか?
すぐに歯の根(ね)の治療が必要です
歯ブラシがゆきとどいているか、汚れはとれているかどうか?
染出(そめだ)し液を使用
乳歯(にゅうし)の下から永久歯(えいきゅうし)が出てきて、重なっていないか?永久歯の生えるスペースはあるか?
乳歯がまだ抜けそうにない場合は、歯を抜かなければなりません
歯がよらない装置(そうち)の下から永久歯が出てきていないか?
そのままにしておくと永久歯が曲がって生えてきます
入れ歯の下から歯が出てきていないか、またヒビが入ったり、針金が曲がったり、こわれたり、口の中に合わなくなったりしていないか?
入れ歯は子供の成長とともに合わなくなるので、修理(しゅうり)や調整(ちょうせい)が必要になります。
また、入れ歯をはずしたままにしておきますと、数日のうちに合わなくなり奥歯が前のほうに寄ってきて、永久歯の出る場所がなくなってしまいます
舌を出したり、唇を噛んだり、指をしゃぶったりするようなクセはないか?
かみ合わせや、歯並びが悪くなります
6才臼歯が生えてきていないかどうか?
ムシ歯になりやすいので、みがき方、溝うめなど

Copyright Communication. by KENYA-ABE 2002.07. All rights reserved