自分のお口に興味を持つことが大事です
予防歯科 P.M.T.C. フッ素塗布 シーラント 予防プログラム
虫歯予防チェック キシリトール 3DS Q&A
Index
Top
予防歯科
【3DS(保険適用外)】
3DS(Dental Drug Delivery System)
口の虫歯菌・歯周病菌を除菌する新技術、ドラッグデリバリーシステムとは、薬の働きを最大限に発揮するように工夫された投与方法のことです。
むし歯の原因菌であるミュータンス連鎖球菌はバイオフィルムという細菌膜の上に形成して、飲み薬や塗り薬が直接効かない環境をつくっています。
3DSは口の中のクリーニングを行って、バイオフィルムを除去したあと、歯列にフィットしたトレーを用いて、薬を一定時間歯の表面に抗菌剤やフッ素化物を塗布することで、お口の中をむし歯や歯周病にならない環境にすることを目的としています。
口腔の虫歯菌、歯周病菌の検査を行います。
患者さんには、十分な治療方針の説明を行い同意を得ます。
型を採り、トレーを作成します。
歯科医師・歯科衛生士によりPMTCと呼ばれる清掃法で徹底した歯の清掃を行います。
(PMTC:プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング)
トレーに薬剤をいれて、5分間維持し除菌・殺菌します。
家庭では、1日1〜2回トレーにフッ素含有のジェルを入れて、5分間維持し歯の表面に作用させます。
これを1週間毎日つづけると、その間に形成されるバイオフィルムの中にはムシ歯菌が含まれなくなります。
この効果は長期間持続すると期待されております。


お子さんを虫歯から守るためにも
虫歯の病因菌(ミュータンス菌)は生まれたばかりの赤ちゃんの口の中にはいないことが確認されています。
しかし、歯が生え出す頃から次第に感染者がが増加します。
そこでむし歯は感染症であると考えられるようになってきたのです。
ミュータンス菌の量が多いお母さんとお子さんが、同じスプーンを使って食事をしたりするとミュータンス菌に感染しやすくなります。
また、お母さんに治していないむし歯があると余計にミュータンス菌が増加しますので、早めに治療をしましょう。 定期的に検査を行い、除菌処置を繰り返すようにしましょう。
プラーク(バイオフィルム)とは?
口腔内には約400種類の微生物が存在します。
微生物が凝集し、歯面に付着した状態がプラークです。
たとえていうなら、バスタブの内側に一層付着する水垢のような存在です。
プラークは全身疾患の原因にもなります。
詳しくは歯科医師もしくは歯科衛生士にお尋ねください。

Copyright Communication. by KENYA-ABE 2002.07. All rights reserved